Stock Market Coverage

ネットでのクレジットカード決済の流れってどんな感じ?

ウェブ上で完結するカード決済

ネットショップで商品を購入する際、クレジットカードを利用する人が多いです。銀行振り込みと手数料が不要で、支払いの確認が速く、また代引きと比べると配達時に現金を支払うという煩わしさがないからです。では、具体的にショップ上ではどのような流れでカード決済を行うのでしょうか。まず、以前はFAXにカード番号を書いて送るといった方法もありましたが、現在はすべてといっていいほど、受けつけはウェブサイトのシステムが利用されます。

自社もしくは決済代行サービスのシステムが使われる

大手のネットショップの場合、自社で決済システムを用意していることがほとんどですが、規模の小さいショップの場合は、決済代行サービスのシステムをレンタルする形になっています。後者の場合、決済システムにアクセスする段階で、「決済のためにほかのサイトに移動する」という注意書きが表示されるので、すぐにわかります。ただ、ショップ直轄のシステムでも決済代行サービスのシステムでも、決済までの流れはまったく変わりません。

カード情報を送信すればリアルタイムで決済される

カードの名義人、カード番号、カードの有効期限を記入するフォームがあり、そこに所持しているカードの情報を記載します。最近はそのあとにカードブランド独自のセキュリティシステムに移動したり、あるいはカードの裏面に印字されているセキュリティコードの入力が求められることもあります。カードが有効の場合、カードの情報を送信するとリアルタイムで決済が行われ、ショップから自動配信の決済完了メールが送られるのが一般的です。

WEBの発展に伴い、ネット販売やネット通販等のカード決済やコンビニ決済等の支払いが増えてきました。その支払を代行して行うサービスを決済代行と呼びます。