Stock Market Coverage

独立開業も夢じゃない!司法書士試験について詳しく知ろう

司法試験と並び称される難関国家試験

司法書士試験は、法律系の国家試験の一種です。司法試験と似たようなものであって、その難しさもトップレベルです。非常に難易度の高い問題が出される上に、合格率も低くなっています。合格率は毎年だいたい数%程度で、低ければ2%以下なこともあります。しかも挑戦をするのは、有名大学の法学部を出たというすごい人ばかりですから、その中で数%に入るのは並大抵のことではありません。試験に合格すれば、司法書士として仕事をしていけるようになりますが、普通は合格するまでに数年の勉強期間が求められます。

司法書士試験の受験資格はどうなっているのか

司法書士試験は、基本的には誰でも受けることができます。受験資格が特に制限されていませんから、大学を卒業している必要もありません。このあたりは、司法試験とは違う部分ですね。行政書士試験も受験資格はありませんから、誰でも受けられます。それと同じです。若い人でも受けられますが、合格をすることは難しいはずです。国籍も制限されていませんから、外国人の人でも問題なく受験することはできます。門戸は広く解放されているため、チャンスの多い資格だと言えるでしょう。

試験勉強をする時にコツはあるのか

司法書士試験では、民法の知識が深く求められることとなります。短答式の試験においては、民法から最もたくさんの問題が出題されます。ですから、とにかく民法は得意分野だと言えるようにしておく必要があるでしょう。民法に限るなら、司法試験よりも深い知識が求められるケースもあります。その他、不動産登記法についても熟知しておかなければなりません。このあたりは司法試験組の人の弱点になりやすいですから、要注意でしょう。

最難関資格の一つであり、合格するのが決して簡単ではない司法書士の試験に近年多くの注目が集まっています。