Stock Market Coverage

素人に難しい!相続税のことはプロに相談しよう

プロに相談するメリット

相続税は自分でも申告できます。しかし、必要な書類は膨大で自分でも財産評価や特例についてなど、多くの知識が必要です。また、自己申告は不備が多くなりがちなため、税務署から確認や再提出を促されることもあります。申告には期限があるので、期限を過ぎてしまうと延滞税もかかってきます。費用はかかってきますが、やはり素人だけで取り組むよりも、ここは専門のプロの相談を受けることで申告する家族の精神的・肉体的負担も軽減できるでしょう。

相続税の相談ができるところ?

相続税の相談は、税理士だけでなくいろいろな業種で受け付けています。税理士以外だと、弁護士や司法書士が思いつきますが、金融機関、保険会社でも相談ができます。お金の知識を持つ業種といえます。ただし相続税の申告ができるのは税理士に限られています。税務署とのやり取りに長けていて、申告の際の調査ポイントを理解しているのも安心です。他業種に相談に行って金融商品を勧められる、不動産を紹介される等は当然予想される話なのです。

税理士に相談するときの注意

お金について詳しい知識を持つ税理士ですが、相談するときには、相続人同士でトラブルになっていないことが大前提になります。お金がからむともめごとになりやすくて、結果として調停や裁判とすすんでいく場合が出てくるのですが、こうなってしまうと税理士ではなく弁護士の範疇です。費用が心配な場合は税理士さんによる相続税等の無料相談を行っていたりしますので、まずは利用してみるのもいいでしょう。税理士は中立の立場なのも安心です。

相続税は亡くなった人から財産を相続する際にかけられます。相続財産の課税価格から基礎控除額を引いたものにのみ課税されます。その査定・計算などの相談が相続税相談です。