Stock Market Coverage

相続の申告を税理士に行うための準備として行う事

無料相談を活用しよう

税理士に相続税申告の相談をする時には、事前に行う準備としてどのようにすればよいかになります。そこで初回相談料無料等の相談サービスを、税理士の多くは行っている場合が多いです。このため、相談は無料相談を利用する事がお勧めです。30分等時間制限が付きものが無料相談にはある場合もありますので、要点を整理しておくいて時間を無駄にしないようにします。無料相談に準備をした上で、行くようにする事がお勧めしになります。

ホームページで相続税に強い税理士か確認する

相続申告は実務経験がない税理士もいたり、地方の地域では都心と比べると不動産の評価額が低くなっています。高度な知識と実務経験が必要になりますのが他の所得税と違っていて、相談を経験の少ない税理士に頼むと大変です。無料相談を利用する時には、実績として相続税申告業務をホームページで確認しておきます。もしも情報が記載されていない場合は、相談に生前贈与や納税資金対策等が対応しているかチェックします。これは、相続税に力を入れてないと事前の対策をやらないからです。

現状で分かる家族構成を書き出す

相続税を計算する時には、基礎控除額を計算しないといけないです。法定相続人の人数を基礎控除額を計算する時には、確認が必要です。法定相続人を一般の人に調べるとは言われないですので、法定相続人を税理士に正確な家族構成を伝える事で教えてもらいます。もしも被相続人が離婚や再婚をしていますと、被相続人の中で家族が知らない人がいる可能性があります。これは戸籍を調査しないと分からないですので、家族構成を現状で把握出来るだけを伝えます。

相続の申告を税理士に任せる利点を知るには、複数の事務所の料金体系やサービスの良しあしを比較することが大事です。