Stock Market Coverage

投資歴によって異なります!Jリートに適した証券会社の選び方

不動産投資信託に不慣れなら

日本における不動産投資信託を意味するJリートは、その安全性と利回りの高さで人気が高まっていますが、株式などに比べると知名度はさほど高くないのが実状です。まだ一度もJリートに購入したことがないというのであれば、初心者サポートに特化した証券会社を選ぶと良いでしょう。たとえば売買手数料のシステムがシンプルだったり、初心者向けのテレフォンサポート体制を売りにしている会社などがお勧めです。いずれにせよ不動産投資信託取扱本数の多さだけを基準に選ぶのは、初心者にとっては失敗の元なので気を付けましょう。

ある程度慣れているのなら

投資信託というものに比較的慣れており、Jリートの仕組みについても人並みの知識があるという人には、バランスの良い証券会社がおすすめです。手数料体系が低額コースなど数種類あり、Jリートの取扱本数が豊富な会社を選ぶことで、自分のスタイルにあった投資先を見つけられるでしょう。貸株制度を導入しているかどうかも、中級者にとって大きなポイントになります。貸株制度とは、購入した不動産投資信託を証券会社に預けることで、利息を受け取れる制度のことです。この制度を上手く利用することで、安定した金利収入を低リスクで得られます。

自分のスタイルが確立されているのなら

自分のスタイルが確立されているほどに投資実績が豊富な人は、情報の質の高さやツールの充実度を売りにする証券会社を選ぶと間違いがありません。不動産投資信託に関する情報の鮮度や正確さは、証券会社によって大きく異なるものです。その質に定評がある会社を選ぶことで、銘柄選択の精度は更に高まります。ツールの使いやすさも、上級者にとっては死活問題になり得ます。たとえば株式投資も行っているのであれば、Jリート売買と並行して利用出来るツールを取り揃えている会社を選ぶと良いでしょう。

j リートのファンドとは日本の不動産に投資して得られた利益を投資家に分配するための仕組みのことです。