Stock Market Coverage

公立の通信制高校とでは私立の通信制高校の違いとは?

まずは学費が違います

様々な事情があり、全日制の高校に行く場合があります。その際には公立か私立かを選ぶ事になりますが、公立と私立では大きな違いがあります。その中で一番の違いは学費です。公立の通信制高校の場合だと年間にして10万円から20万円程度の学費で済みますが、私立の通信制高校だと年間の学費が50万円から70万円程度かかります。学費の納入方法も公立だと銀行振替がほとんどですが、私立の場合だとクレジットカードにも対応している場合があります。

学習へのフォロー体制が全く違います

学習に対するフォローの体制も公立の通信制高校と私立の通信制高校とではかなり違います。基本的に公立高校の通信制高校では中学校の学習内容はマスターしていると考えて勉強を進めていきます。学校に登校する日も限られているので、分からない事は自分で解決しなければいけません。それに対して私立の通信制高校は小学校の学習内容をマスターしていない場合でもフォローできるようになっています。登校する日は公立高校と大差ありませんが、メールで質問する事ができます。

私立では子供達に対するサポートもしていますよ

通信制高校に通う子供達の中には様々な事情がある子供がいます。なかにはイジメなどで全日制の学校に通えない子供達もいます。私立の通信制高校には臨床心理士などのカウンセラーを配置している場合があります。必要に応じて母体の高校が指定した医師と連携している場合があります。このようなサービスは私立の通信制高校では盛んに行われています。公立高校でも行われてはいますが、私立に比べるとサポートが十分ではない場合がありますよ。

通信制高校の仕組みは、それぞれの学校の方針やカリキュラムに左右されるため、早いうちに進学先を決めることがコツです。